Home > ケーススタディ > 受注代行サービス利用時

背景と目的

企業様の悩み

こんな悩みを抱えている通信販売企業様がこのケーススタディに該当します。

  • 受注業務を行う人員、スペースがない
  • 繁盛期等に受注を受けきれない
  • お客様サポートに時間をとられ、本来の業務に集中できないなど

導入前の課題事項 ほおっておくとこんな影響が懸念されます!

  • 繁盛期の機会損失の増大による、売上の減少及び顧客離れ
  • 繁盛期等にお客様サービス低下でクレームが発生することによる顧客離れ
  • 商品企画や新規顧客開拓といったコア業務への対応遅れ
  • 処理時間が長引くことで、人件費用が増える

目的

  • 高品質のコンタクトサービスによるCRM構築とお客様満足度向上
  • 業務処理量の拡大
     → 売上の拡大
  • 業務処理の効率化
      → オペレーション費用の削減

導入ソリューションサービス

導入イメージ

<インバウンド(受信サービス)>

注文、問い合わせ、保守、カスタマーサポート等の受付業務を行います

  • 受注受付サービス ・・・・大手食品メーカー子会社様
  • IVR (自動音声応答)サービス・・・・健康食品会社様
  • 受注受注入力サービス ・・・・健康食品会社様
  • ハガキ/FAX受注入力サービス ・・・・TVショッピング会社様
  • 電話問合せサービス ・・・・出版社様(定期購読者向け)

<アウトバウンド(発信サービス)>

DMフォロー、督促、キャンペーン、リサーチ、セールスサポートなどを行います

導入効果

導入効果1 定量的効果
受注業務処理量の拡大で売上拡大が可能
繁忙期と閑散期の人員調整確保が不要
導入効果2 定性的効果
高品質のサービス提供でお客様満足度向上が可能