Home > ケーススタディ > 通販システム利用時

背景と目的

通販企業様の悩み

通販システムご利用時、こんな悩みを抱えている通信販売企業様がこのケーススタディに該当します。
通販システムの処理時間が長くなり、業務時間を圧迫している
業務自体の効率化が悪化しており、人件費が高くなっている
様々な販促(ポイントや頒布商品など)を通販システムと連動して行えないため、運用が煩雑化している
複数のソフトまたは通販システムを利用(受注管理、伝票印刷、決済など)しており、運用が煩雑化している
1日の注文件数が100件を超えている

導入前の課題事項 ほおっておくとこんな影響が懸念されます!

  • システム処理の時間が長引き出荷時間が遅れることにより、顧客への配送日数が増える
  • 処理時間が長引くことで、人件費用が増える
  • 顧客への影響を与えることにより、顧客満足度の低下を招くことで売り上げの減少及び顧客離れが発生

※100以下の業務運用と100件以上の通販業務システムに求められる要件は違います。
注文数が100件/日以上の場合は単に業務をこなすシステムでは無く、効率良く、確実に、処理をこなすことが必要不可欠になってきます。

目的

業務処理の効率化

→ オペレーション費用の削減

業務処理量の拡大

→ 売上の拡大

導入ソリューションサービス

通販システム導入ソリューションサービス

適用サービス

通販シェルパPro

導入後の効果

大手通販企業のノウハウと中堅企業300社の導入実績のある通販フルフィルメントシステムを活用することで以下の効果を得ることが可能です。

定量的効果

  • システムを基軸とした業務の効率化を行うことで、費用の削減が可能
  • 受注→出荷までのスピードの向上と品質の向上が可能
  • 1日に処理できる業務量が拡大することで、売上の拡大が可能

定性的効果

  • 顧客の手元へ確実に素早く商品が届くことで、顧客満足を得ることが可能