Home > ケーススタディ > 物流代行サービス利用時

背景と目的

通販企業様の悩み

こんな悩みを抱えている通信販売企業様がこのケーススタディに該当します。

  • 物流業務にかかわる費用が高い(一般的な経営指数より高い)
  • 受注ピーク時に出荷業務が追いつかない
    など

導入前の課題事項 ほおっておくとこんな影響が懸念されます!

  • ライバルとのコスト競争での苦戦
  • 商品価格へのコスト転換による商品価格の値上がりにより、顧客離れ
  • 売上が上がっても利益が出にくい構造
  • 繁盛期等に商品遅配によるクレームが発生することによる顧客離れ
  • 繁盛期の機会損失の増大による、売上の減少及び顧客離れ

ワンポイント!

一般的な通販企業の経営指数

  10億円未満 100億円以上
物流費用 9.4% 6.6%
人件費用 15.4% 6.3%
※「日本通信販売協会資料第21回通信販売企業実体調査報告書」より

目的

  • 物流にかかわる費用を10%〜20%削減
    →運用業務、保管場所、配送費用など
    ※大手並に近づける
  • 固定費を変動費へ
  • 物流キャパの拡大

導入ソリューションサービス

適用サービス

通販ワンストップサービス 物流サービス

導入後の効果

実績とバイイングパワーのあるインフラを活用することで以下の効果を得ることが可能です。

定量的効果

  • 固定費 → 変動費となることで、安定した経営指数を得ることが可能
  • 繁盛期の遅配が減る
  • 品質(誤配、破損などが減る)が向上

定性的効果

  • 物流インフラの拡張を行うことなく、リスクを少なく事業拡大が可能
  • 顧客満足度の向上
  • 繁盛期などの人員の調整などが不要

※物流だけでなく、受注業務や決済業務についても同じように当社サービスを利用することでさまざまな問題を解決できます。

導入事例企業様

株式会社 ビービーラボラトリーズ様

導入事例へ